HOME > 競馬コラム > 2010年の競馬界の見所は!?

2010年の競馬界の見所は!?

 2010年シーズンの競馬もいよいよスタートしますね。
昨年の競馬界を席巻したブエナビスタ、レッドディザイアといった名牝も古馬となり、またその一方では昨年限りで引退したおじさんスーパーホースのカンパニー、本年のドバイWCで引退が予定されている最強女傑ウオッカなどなど ひとつの時代を支えた馬の引退も見受けられますね。
しかしそれも新たな時代の幕開けとなる事ですし昨年のレース等から今年を勝手に展望してみようと思います。
 まずは3歳クラシック路線ですが気になるのは朝日杯FS勝ちのローズキングダムとラジオNIKKEI賞勝ちのヴィクトワールピサ、それにエイシンアポロンの3頭でしょうか。
本来ならこの世代の勢力図としてはこれにリルダヴァル、ダノンパッション、リディルという3頭を加えてお話をしないといけない所でしたがいずれも相次ぐ故障で戦線離脱、さらに有力の一頭であったトーセンファントムも故障で引退となってしまい、 やや残念な面も見受けられますね。何とかダービーあたりには復帰を期待したいところです。
現状としてローズキングダムは好タイム京都デビューの内容と東京スポーツ杯2歳Sより末脚比べにいっての勝負強さが目立ちますね。さらに不安要素であった中山でも強烈な勝利を飾り今の時点では順調に成長さえすれば相当に有力な印象です。
ただ一点だけ不安なのは本来は新馬1800→東スポ1800→ラジオNIKKEIというのがダービー馬へのパターンかなと思っていたので厳しいマイル戦の朝日杯をはさんだ事で変に気性的に難しい馬にならなければいいなと思う点でしょうか。
ローズキングダムとは新馬戦で対戦したヴィクトワールピサもかなり能力がありますね。
ただ、ヴィクトワールピサの方はローズと比較してややパワフル型なイメージがあり素早い反応をするというよりもじわっと動き出す感じがしているので忙しい競馬になった時にどうなるかという点はもう少し見てみないと分からないかなと思ってます。ただ東京のような広い馬場になれば尚更走る感じでローズキングダムとの再戦が楽しみです。
エイシンアポロンは今の時点での馬の完成度はかなり上位なイメージがある上、朝日杯FS出走時の調教が相当入念だったので陣営としてもやや早熟と思ってるのかもしれず、どこまで成長できるかという事が一番課題のように思います。
とはいえ現状では1400m〜1600mを中心に安定した走りを見せていて春先は上位クラスで戦える力を持ってそうです。距離が持てば皐月賞でも面白一頭かもしれませんね。
そうそう中山コース路線という括りならニシノメイゲツも忘れてはならないでしょう。朝日杯がかなり可哀相な枠での競馬でしたし力はあると思いますね。中山に出走した際には少し注目したい馬です。

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー